2022年6月に配信したトピックス パル通信(53)

2022年6月に配信したニュースレターのトピックスをお送りします。
井出留美 2022.06.30
読者限定

こんにちは。食品ロス問題ジャーナリストの井出留美です。ニュースレター「パル通信」では、2022年6月に配信した有料記事をダイジェストでお知らせします。読者の方から反響のあった記事です。

パル通信49号でお知らせしました通り、事前に有料化についてご意見をお伺いしましたところ、複数の読者の方からご賛同いただけましたので、6月18日配信のパル通信50号から始めています。価格設定については下記のように決めました。

価格は毎月 500 円(消費税込)です。私が時々行くルノアールの有楽町駅前店のコーヒー1杯(710円)よりは安く、珈琲専門店の1杯の価格を参考にして設定しました(上島珈琲店はSサイズ450円、Lサイズ530円。珈琲処コメダ珈琲店は460円〜700円。珈琲館は480円〜620円。高倉町珈琲は520円〜600円。星乃珈琲は600円、など)。月に1回、珈琲専門店のコーヒー1杯のイメージです。6月20日の週に有料記事を配信予定ですので、今、ご登録いただければ、最初の記事が届きます。無料の配信は、月1回(不定期)で継続します。今回を含めて、これまでの49本はすべて無料でお読みいただけますので、次の配信は7月末〜8月初旬を考えています(予定)。私が食品ロス問題に関わったのは、2008年でした。以来、食品メーカー広報、フードバンク広報、ジャーナリストと、立場は変わってきておりますが、地道に活動を続けており、社会もすこしずつ変わってきております。今後とも活動を続けていくために、ご支援いただければ大変うれしいです。(すでに有料登録してくださった方もいらっしゃいました。ありがとうございます!)
パル通信49号より

有料記事の閲覧は、記事のリンク、もしくは以下の登録ボタンからログインしていただいた後、月額500円のクレジット登録で可能です。ご登録いただきますと、過去の配信記事もすべてウェブ上で閲覧できます。

購読に加えて、非公開のFacebookページに参加できるようになります。現在、大学の先生やJICAで海外に在住の方、司書として長くお勤めになった方、ごみ清掃員の方、昆虫料理教室を開催している研究家の方、食品ロス削減を目的としたスーパーを経営する方など、多様なバックグラウンドの方にご登録いただいております。

課金期間は登録日から1ヶ月です。いつ登録いただいても料金は変わりません。登録解除はいつでもできますので、お気軽にご検討いただければうれしいです。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、3457文字あります。
  • 海外で禁止された施策を日本で奨励する「コカ・コーラの二枚舌」パル通信(50)
  • 【現場取材】施行から2ヶ月、プラ新法でホテルは変わったのか? パル通信(51)
  • 売れるなら何でもあり?セブンのマーケティング施策 パル通信(52)

すでに登録された方はこちらからログイン

こんな内容をニュースレターでお届けします。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
東京都と大阪府の食料配布は何が違うのか パル通信(80)
読者限定
COP27報道、食品ロスに触れない大手メディアの不見識 パル通信(79...
有料限定
政策提言の報告と皆さまから頂いたご意見 パル通信(78)
読者限定
なぜデンマークのスーパーはイタリアの梨を断ったのか パル通信(77)
有料限定
英・最新レポート「農産物を食品ロスに含めるべき」パル通信(76)
有料限定
【読者限定】11月4日まで、政府への要望お寄せください パル通信(75...
読者限定
広島・松山・上勝・高松のうまいもの パル通信(74)
有料限定
「食品ロス削減、できなければボーナス無し」のスーパーとは?パル通信(7...
有料限定