政府発表とメディア報道に欠けている視点 パル通信(49)

2022年6月9日、政府が食品ロスの最新の推計値を発表し、マスメディアが「過去最少」と報じました。ただ、伝えるのは「量」だけでいいのでしょうか。
井出留美 2022.06.15
読者限定

こんにちは。井出留美です。

前回のニュースレターでは「有料化」についてお伝えしました。その後、複数の方から前向きなご意見をいただきました。そこで、次回のニュースレターより開始したいと思います。

登録方法は、登録ボタンよりログインしていただいた後、クレジットカードで有料登録ができます。解約は、好きなときにいつでも簡単にできますので、ご安心ください。

有料コースのメリットは、月に3〜5本程度(不定期)の記事配信を受けられます。また、今後、Facebookグループ(非公開)への参加、不定期イベントへの参加ができるようにいたします。

価格は毎月 500 円(消費税込)です。私が時々行くルノアールの有楽町駅前店のコーヒー1杯(710円)よりは安く、珈琲専門店の1杯の価格を参考にして設定しました(上島珈琲店はSサイズ450円、Lサイズ530円。珈琲処コメダ珈琲店は460円〜700円。珈琲館は480円〜620円。高倉町珈琲は520円〜600円。星乃珈琲は600円、など)。月に1回、珈琲専門店のコーヒー1杯のイメージです。

6月20日の週に有料記事を配信予定ですので、今、ご登録いただければ、最初の記事が届きます。無料の配信は、月1回(不定期)で継続します。今回を含めて、これまでの49本はすべて無料でお読みいただけますので、次の配信は7月末〜8月初旬を考えています(予定)。

私が食品ロス問題に関わったのは、2008年でした。以来、食品メーカー広報、フードバンク広報、ジャーナリストと、立場は変わってきておりますが、地道に活動を続けており、社会もすこしずつ変わってきております。今後とも活動を続けていくために、ご支援いただければ大変うれしいです。(すでに有料登録してくださった方もいらっしゃいました。ありがとうございます!)

ご不明の点がありましたら、このニュースレターに返信でご質問ください。どうぞよろしくお願いいたします。

***

2022年6月9日、政府が食品ロスの最新の推計値を発表しました。2019年度には年間570万トンだった食品ロスが、2020年度には522万トンに減ったという内容です。NHKをはじめとしたマスメディアは、こぞって「過去最少」と報じました。ただ、量が減ったというだけに終始しているように思います。今回は、日本の政府や組織の発表について、英国や米国と比較してみます。

  • 「過去最少」と発表する政府とそれを報じるマスメディア

  • 英WRAPは経済的な損失と環境負荷を数字で示している

  • 米国ReFEDのデータベースや世界資源研究所の発信

  • 環境・社会・経済に与える影響を数字で示す

この記事は無料で続きを読めます

続きは、6126文字あります。
  • 英WRAPは経済的な損失と環境負荷を数字で示している

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
「食品ロス1トン減らすと温室効果ガス何トン減らせるんですか?」食品企業...
誰でも
世界に誇れる、我が国のエコフィードに関する取組
サポートメンバー限定
食料危機に関する最新のグローバルレポート2024 なぜ深刻な食料不安に...
誰でも
2024年4月に最も読まれた記事 日本は食品ロスで何兆円捨てているのか...
サポートメンバー限定
なぜスーパーでは精米して1ヶ月のコメを捨てるのか パル通信(175)
サポートメンバー限定
日本企業2社含む世界12社を米シンクタンクがアップサイクル企業として紹...
サポートメンバー限定
欧州10のホテル、6ヶ月で22%食品ロス削減、その方法とは パル通信(...
サポートメンバー限定
日本は食品ロスで何兆円捨ててどれほど温室効果ガスを出しているのか パル...