海外で禁止された施策を日本で奨励する「コカ・コーラの二枚舌」パル通信(50)

「1個買えば1個無料」(BOGOF:Buy One Get One Free)を禁止した国があります。脂質や砂糖が多い食品は、多く摂れば肥満になるリスクが高まるからです。グローバル企業はその事実を知りながら、なぜ日本では「1個買えば1個無料」キャンペーンを推し進めるのでしょうか。
井出留美 2022.06.18
有料限定

2022年6月8日、ツイッターを見ていたら「#1本買うと2本目無料」のタグが目にとまりました。大手グローバル飲料企業が、2022年7月3日まで大々的なプロモーションをやっている、その広告の一環でした。

  • 2022年4月から脂質・糖分の多い食品のBOGOFを禁止した国

  • 英国でも展開する大手グローバル企業がなぜ?

  • 英大手小売は食品ロス削減のためにまとめ売りをやめた

  • なぜ英国は企業がエシカル(倫理的)になるのか

この記事は有料読者限定です

続きは、5782文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
ミサオおばあちゃんの笹餅 青森うまいもの パル通信(61)
有料限定
英スーパーマーケット初!カーボンニュートラルな卵を発売したのは?パル通...
有料限定
ミャンマーで拘束された日本人の解放を求め本日緊急行動 パル通信(59)...
誰でも
2022年7月に配信したトピックスと読者からのコメント パル通信(5...
読者限定
答えは南極にあった!観測隊に学ぶ「賞味期限との付き合い方」〜食品ロス削...
有料限定
消費者はどう行動すべきか?世界の食品ロス関連ニュース10選 パル通信(...
有料限定
「規格外野菜の安売りが農家を苦しめる」は本当か? パル通信(55)
有料限定
節電しながら食品の賞味期限を延ばすには パル通信(54)
有料限定