利益と環境負荷のトレードオフを考えさせられる3つの事例 パル通信(21)

フランスでは、温室効果ガスの排出を抑えるために、国内路線の一部の廃止を決めました。一方、使っていなかった列車を改良して寝台列車を走らせるそうです。飛行機に比べて列車の温室効果ガスは、同じ距離で15分の1で済むからです。
井出留美 2021.11.25
読者限定

便利や効率を選ぶのか、それとも地球全体の持続可能性を選ぶのか。今回は、そのことを考えてみたいと思います。

井出留美の「パル通信」では、社会にあふれる情報の中から選りすぐり、食品ロスや食関連のSDGs、サステイナビリティについて解説します。なお、本記事は無料でご購読いただけます。今後も定期的に配信を受け取りたい方は、ぜひ、購読登録をお願いいたします!

この記事は無料で続きを読めます

続きは、4395文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

こんな内容をニュースレターでお届けします。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
ミサオおばあちゃんの笹餅 青森うまいもの パル通信(61)
有料限定
英スーパーマーケット初!カーボンニュートラルな卵を発売したのは?パル通...
有料限定
ミャンマーで拘束された日本人の解放を求め本日緊急行動 パル通信(59)...
誰でも
2022年7月に配信したトピックスと読者からのコメント パル通信(5...
読者限定
答えは南極にあった!観測隊に学ぶ「賞味期限との付き合い方」〜食品ロス削...
有料限定
消費者はどう行動すべきか?世界の食品ロス関連ニュース10選 パル通信(...
有料限定
「規格外野菜の安売りが農家を苦しめる」は本当か? パル通信(55)
有料限定
節電しながら食品の賞味期限を延ばすには パル通信(54)
有料限定