物価高コストはメーカー負担、「強い小売」の弊害 パル通信(68)

ロシアによるウクライナ軍事侵攻を受け、食料価格が急上昇しています。小売の中には「値上げしません」とアピールするところもあります。では、価格上昇分は誰が負担しているのでしょう。
井出留美 2022.09.16
有料限定

コロナ禍に加えて、ロシアによるウクライナ軍事侵攻は、止まる様子がありません。食料価格が急上昇しています。スーパーなど、小売の中には、このような状況でも「食料品の値上げをしません」とアピールする企業もあります。それでは、価格が上昇した分を誰が負担しているのでしょうか。

  • 2022年6月、商品が棚から消えた

  • 2022年7月、2社が合意した

  • 米マースとも対立

  • 2022年9月、メーカーは勝者

この記事は有料読者限定です

続きは、5156文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
2022年9月に配信したトピックス パル通信(70)
誰でも
速報:最新報告書「食料価格高騰の中、EUが輸入以上の食料を廃棄」を受け...
有料限定
「世界に逆行する日本の若者」気候変動に関する国際意識調査 パル通信(6...
有料限定
災害時に食品ロスを引き起こす3つの要因とは パル通信(66)
有料限定
「食べ残しの持ち帰り」を禁止する飲食店に伝えたいこと パル通信(65)...
有料限定
2022年8月に配信したトピックス パル通信(64)
読者限定
溶けない氷?米大学が開発、堆肥になる「次世代の脱プラ冷却素材」パル通信...
有料限定
5年で25%削減!食品ロス対策先進国・デンマークの成功事例 パル通信(...
有料限定