英・最新レポート「農産物を食品ロスに含めるべき」パル通信(76)

2022年10月、食品ロスに関する新たなレポートが発表されました。農場での食品ロスの規模を明らかにし、食品ロスを減らすための政策やロードマップを示すものです。
井出留美 2022.11.04
有料限定

2021年、英国、大手スーパーのTESCO(テスコ)とWWF(世界自然保護基金)は、世界の食品ロスが13億トン(国連FAOによる)ではなく、25億トンに及ぶというレポートを発表していました。

今回、2022年10月に発表されたレポートは、世界25億トンの食品ロスのうち、英国に特化して解説したものです。

  • 11月13日(日)9:30-10:30amオンライン交流会のURLのお知らせ

  • 国連FAOの発表

  • WWFとTESCOの発表

  • 英国の一次生産における食料廃棄

  • WWFとTESCO「測定できないものは管理できない」

  • 考察

  • 今日の書籍

  • 今日の映画

  • 編集後記

この記事は有料読者限定です

続きは、5385文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
東京都と大阪府の食料配布は何が違うのか パル通信(80)
読者限定
COP27報道、食品ロスに触れない大手メディアの不見識 パル通信(79...
有料限定
政策提言の報告と皆さまから頂いたご意見 パル通信(78)
読者限定
なぜデンマークのスーパーはイタリアの梨を断ったのか パル通信(77)
有料限定
【読者限定】11月4日まで、政府への要望お寄せください パル通信(75...
読者限定
広島・松山・上勝・高松のうまいもの パル通信(74)
有料限定
「食品ロス削減、できなければボーナス無し」のスーパーとは?パル通信(7...
有料限定
ニューヨーク後編 ヤンマと旨いものと食品ロス情報 パル通信(72)
読者限定