"食のアカデミー賞"受賞のマイケル・ポーランが警鐘を鳴らす「超加工食品」ってどんな食品?

ニュースレター「パル通信」189号では、最新作の映画に登場した、世界的に著名なジャーナリスト、マイケル・ポーランが、25年間にわたって食品業界との闘いを続けてきた「加工食品」「超加工食品」についてお伝えします。
井出留美 2024.07.10
サポートメンバー限定

こんにちは。ニュースレター「パル通信」にご登録いただき、誠にありがとうございます。パル通信は、無料登録のみなさま、サポートメンバーのみなさま、あわせて1,800名以上にご購読いただいています。サポートメンバーの方々には毎月定額のサポートをいただき、おかげさまで食品ロス削減やサステイナビリティの活動、ニューヨークでの食品ロス取材、海外メディア記事の購入を続けることができており、感謝申し上げます。

今回のニュースレター「パル通信」189号では、英国で2024年6月に公開された映画に登場している米ジャーナリスト、マイケル・ポーランが、25年間にわたって食品業界と闘ってきた「加工食品」「超加工食品」についてお伝えします。

なお、今回の記事では、画像をクリックすると、その画像の出典元であるウェブサイトにつながるよう、設定しています。記事に貼ってある画像を見て関心を持った方は、クリックして、情報の詳細を確認してみてください。参考情報のリンクについては、いつもの記事と同じように、巻末にリストとして載せてあります。

***

マイケル・ポーラン(Michael Pollan)とエリック・シュローサー(Eric Schlosser)は、2008年に公開されたドキュメンタリー映画『Food, Inc(フードインク)』(1)でナレーションを務めました。この映画の第二弾『Food, Inc 2(フードインク2)』(2)は2024年4月に米国で公開、2024年6月7日より英国の映画館で公開されています。

マイケル・ポーラン(3)は、1955年生まれ、米国のジャーナリスト。食や農業などをテーマに記事を書き続け、食のアカデミー賞と呼ばれるジェームズ・ビアード賞、ジョン・バロウズ賞、QPBニューヴィジョン賞、ロイター&国際自然保護連合環境ジャーナリズム・グローバル賞など、数々の賞を受賞してきました。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、7882文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
誰でも
食品廃棄大国アメリカは生まれ変わるのか? ―米国シンクタンクReFED...
誰でも
2024年6月に最も読まれた記事 最新の食品ロス値、増えた?減った?
サポートメンバー限定
【速報】政府、最新の食品ロス推計値(2022年度)公表、食品ロスによる...
サポートメンバー限定
ビュッフェの提供者が食品ロスを減らす10の方法とは
サポートメンバー限定
バイデン政権が発表した食品ロス削減国家戦略とは 日米の食品ロス量比較
サポートメンバー限定
なぜ5週間で28%も食品ロスを減らせたのか 全米で最も革新的な大学が問...
サポートメンバー限定
台湾で売られている⾷品の期限表示について(現地レポート)
誰でも
2024年5月に最も読まれた記事 食品ロス1トン減らすと温室効果ガス何...