食におけるアップサイクルについて パル通信(128)

今号では、高校3年生より寄稿していただきます。
井出留美 2023.08.02
読者限定

こんにちは。「パル通信」にご登録いただき、サポートメンバーの方には食品ロス削減の活動を支援いただき、ありがとうございます。

パル通信128号となる今号では、パル通信サポートメンバーで高校3年生の森永理子さんの寄稿をご紹介します。なお、森永理子さんが参加してのサポートメンバー限定第5回オンライン交流会は、来る8月6日(日)日本時間の午前9:30から10:30まで開催します。この機会に、新たにサポートメンバーに登録されて8月6日に参加される方は、zoomのURLを送りますので、このニュースレターに返信をお願いいたします。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、6604文字あります。

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
"食のアカデミー賞"受賞のマイケル・ポーランが警鐘を鳴らす「超加工食品...
誰でも
食品廃棄大国アメリカは生まれ変わるのか? ―米国シンクタンクReFED...
誰でも
2024年6月に最も読まれた記事 最新の食品ロス値、増えた?減った?
サポートメンバー限定
【速報】政府、最新の食品ロス推計値(2022年度)公表、食品ロスによる...
サポートメンバー限定
ビュッフェの提供者が食品ロスを減らす10の方法とは
サポートメンバー限定
バイデン政権が発表した食品ロス削減国家戦略とは 日米の食品ロス量比較
サポートメンバー限定
なぜ5週間で28%も食品ロスを減らせたのか 全米で最も革新的な大学が問...
サポートメンバー限定
台湾で売られている⾷品の期限表示について(現地レポート)