答えは南極にあった!観測隊に学ぶ「賞味期限との付き合い方」〜食品ロス削減につながる5つの事例 パル通信(57)

賞味期限はおいしさの目安に過ぎないのに、あたかも品質が切れる期限のように扱われています。日本だけでなく、世界でもその傾向があり、食品ロスの一因になっています。賞味期限による食品ロスを減らすため、世界ではどのような取り組みがあるのでしょうか。
井出留美 2022.07.23
有料限定

「賞味期限はごみ起源?」と題して環境まんがを描いたのは、京都大学で長年、家庭の食品ロスの研究をしてきた名誉教授の高月紘(たかつき・ひろし)先生です。賞味期限が要因となっての食品ロスを減らすため、世界ではどのような取り組みがおこなわれているのでしょうか。

  • デンマーク  Thise

  • 英国 WRAP

  • 英国 マーク&スペンサー

  • 米国 法案

  • 南極観測隊

この記事は有料読者限定です

続きは、7918文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
東京都と大阪府の食料配布は何が違うのか パル通信(80)
読者限定
COP27報道、食品ロスに触れない大手メディアの不見識 パル通信(79...
有料限定
政策提言の報告と皆さまから頂いたご意見 パル通信(78)
読者限定
なぜデンマークのスーパーはイタリアの梨を断ったのか パル通信(77)
有料限定
英・最新レポート「農産物を食品ロスに含めるべき」パル通信(76)
有料限定
【読者限定】11月4日まで、政府への要望お寄せください パル通信(75...
読者限定
広島・松山・上勝・高松のうまいもの パル通信(74)
有料限定
「食品ロス削減、できなければボーナス無し」のスーパーとは?パル通信(7...
有料限定