QRコードが賞味期限表示にとって代わる?米大学による最新論文 パル通信(48)

米コーネル大学の新しい研究によると、牛乳の賞味期限の代わりにQRコードを利用することで、牛乳がいつまで飲めるかが明確になり、食品ロスが大幅に減少することがわかりました。
井出留美 2022.06.07
読者限定

米国では、捨てられる食品の上位に乳製品が入っています。その大きな要因は「賞味期限」です。賞味期限の日付で消費者は判断し、賞味期限がたくさん残っているものを選びます。賞味期限が近づいているものは敬遠され、売れ残り、捨てられます。では、賞味期限の日付の代わりに、スマートフォンで読み取ると賞味期限が表示されるQRコード付きの牛乳だと、廃棄は減るのでしょうか。そんな実験を、米コーネル大学が実施し、論文として発表しました。

  • 食品ロスの主要因「賞味期限」

  • 賞味期限表示の代わりにQRコードを掲示する

  • 8,374億円の損失を救い、環境負荷を大幅に軽減

  • 日本での導入の可能性

  • QRコード以外の代替策とは?

この記事は無料で続きを読めます

続きは、6757文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

こんな内容をニュースレターでお届けします。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
東京都と大阪府の食料配布は何が違うのか パル通信(80)
読者限定
COP27報道、食品ロスに触れない大手メディアの不見識 パル通信(79...
有料限定
政策提言の報告と皆さまから頂いたご意見 パル通信(78)
読者限定
なぜデンマークのスーパーはイタリアの梨を断ったのか パル通信(77)
有料限定
英・最新レポート「農産物を食品ロスに含めるべき」パル通信(76)
有料限定
【読者限定】11月4日まで、政府への要望お寄せください パル通信(75...
読者限定
広島・松山・上勝・高松のうまいもの パル通信(74)
有料限定
「食品ロス削減、できなければボーナス無し」のスーパーとは?パル通信(7...
有料限定