プラと食品ロスを削減する先端技術 海外で開発された5つの事例 パル通信(35)

日本では家庭における生鮮食品の食品ロスが多く発生していることが調査でわかっています。使い捨てプラの削減と、生鮮食品の食品ロスの削減は、日本にとって課題となっています。
井出留美 2022.02.18
読者限定

こんにちは。食品ロス問題ジャーナリストの井出留美です。今回は、食品ロスや環境負荷を考える際に重要となる「プラスチックの使い捨て」「生鮮食品の日持ちが短い」という2つの問題を解決する先端技術の事例を5つ共有します。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、6197文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

こんな内容をニュースレターでお届けします。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
ミサオおばあちゃんの笹餅 青森うまいもの パル通信(61)
有料限定
英スーパーマーケット初!カーボンニュートラルな卵を発売したのは?パル通...
有料限定
ミャンマーで拘束された日本人の解放を求め本日緊急行動 パル通信(59)...
誰でも
2022年7月に配信したトピックスと読者からのコメント パル通信(5...
読者限定
答えは南極にあった!観測隊に学ぶ「賞味期限との付き合い方」〜食品ロス削...
有料限定
消費者はどう行動すべきか?世界の食品ロス関連ニュース10選 パル通信(...
有料限定
「規格外野菜の安売りが農家を苦しめる」は本当か? パル通信(55)
有料限定
節電しながら食品の賞味期限を延ばすには パル通信(54)
有料限定