プラと食品ロスを削減する先端技術 海外で開発された5つの事例 パル通信(35)

日本では家庭における生鮮食品の食品ロスが多く発生していることが調査でわかっています。使い捨てプラの削減と、生鮮食品の食品ロスの削減は、日本にとって課題となっています。
井出留美 2022.02.18
読者限定

こんにちは。食品ロス問題ジャーナリストの井出留美です。今回は、食品ロスや環境負荷を考える際に重要となる「プラスチックの使い捨て」「生鮮食品の日持ちが短い」という2つの問題を解決する先端技術の事例を5つ共有します。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、6197文字あります。

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
ビュッフェの提供者が食品ロスを減らす10の方法とは
サポートメンバー限定
バイデン政権が発表した食品ロス削減国家戦略とは 日米の食品ロス量比較
サポートメンバー限定
なぜ5週間で28%も食品ロスを減らせたのか 全米で最も革新的な大学が問...
サポートメンバー限定
台湾で売られている⾷品の期限表示について(現地レポート)
誰でも
2024年5月に最も読まれた記事 食品ロス1トン減らすと温室効果ガス何...
サポートメンバー限定
アップサイクル「リサイクルとどう違う?」日本や海外の9つの事例
サポートメンバー限定
「食品ロス1トン減らすと温室効果ガス何トン減らせるんですか?」食品企業...
誰でも
世界に誇れる、我が国のエコフィードに関する取組