プラと食品ロスを削減する先端技術 海外で開発された5つの事例 パル通信(35)

日本では家庭における生鮮食品の食品ロスが多く発生していることが調査でわかっています。使い捨てプラの削減と、生鮮食品の食品ロスの削減は、日本にとって課題となっています。
井出留美 2022.02.18
読者限定

こんにちは。食品ロス問題ジャーナリストの井出留美です。今回は、食品ロスや環境負荷を考える際に重要となる「プラスチックの使い捨て」「生鮮食品の日持ちが短い」という2つの問題を解決する先端技術の事例を5つ共有します。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、6197文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

こんな内容をニュースレターでお届けします。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
東京都と大阪府の食料配布は何が違うのか パル通信(80)
読者限定
COP27報道、食品ロスに触れない大手メディアの不見識 パル通信(79...
有料限定
政策提言の報告と皆さまから頂いたご意見 パル通信(78)
読者限定
なぜデンマークのスーパーはイタリアの梨を断ったのか パル通信(77)
有料限定
英・最新レポート「農産物を食品ロスに含めるべき」パル通信(76)
有料限定
【読者限定】11月4日まで、政府への要望お寄せください パル通信(75...
読者限定
広島・松山・上勝・高松のうまいもの パル通信(74)
有料限定
「食品ロス削減、できなければボーナス無し」のスーパーとは?パル通信(7...
有料限定