食品ロスを39%減らし、40%増収を達成した取り組みとは パル通信(84)

あるスタートアップ企業は、これまでの4年間で数百の小売店舗に「ダイナミック・プライシング」の仕組みを導入することにより、食品ロスを39%減らし、40%増収を達成しました。
井出留美 2022.12.29
サポートメンバー限定

ホテルや旅館、航空券の価格設定ではおなじみの、「ダイナミック・プライシング」。年末年始などの需要期には高く設定し、オフシーズンには安くするといったように、需要に合わせて価格を調整する方法です。このダイナミック・プライシングを食品業界に導入する取り組みが世界で始まっています。

  • ダイナミック・プライシングで食品ロス33%削減、収益6.3%アップ

  • 今月開催の生物多様性COP15で「食料廃棄削減」目標設定

  • オランダのスーパーでもダイナミック・プライシング導入

  • ダイナミック・プライシングで39%食品ロス削減、40%増収

  • 今月の書籍

  • 今月の映画

  • 編集後記

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、7178文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
サポートメンバー限定
ビュッフェの提供者が食品ロスを減らす10の方法とは
サポートメンバー限定
バイデン政権が発表した食品ロス削減国家戦略とは 日米の食品ロス量比較
サポートメンバー限定
なぜ5週間で28%も食品ロスを減らせたのか 全米で最も革新的な大学が問...
サポートメンバー限定
台湾で売られている⾷品の期限表示について(現地レポート)
誰でも
2024年5月に最も読まれた記事 食品ロス1トン減らすと温室効果ガス何...
サポートメンバー限定
アップサイクル「リサイクルとどう違う?」日本や海外の9つの事例
サポートメンバー限定
「食品ロス1トン減らすと温室効果ガス何トン減らせるんですか?」食品企業...
誰でも
世界に誇れる、我が国のエコフィードに関する取組