プラスチック新法、生活への影響は?その成果と課題 パル通信(40)

プラスチックごみの削減とリサイクルの促進を目的とした「プラスチック資源循環促進法(以下、プラ新法)が、2022年4月1日に施行されました。今回は、この法律の内容と今後の課題について分析します。
井出留美 2022.04.06
読者限定

プラスチック資源循環促進法(以下、プラ新法)が2022年4月1日に施行されました。世界的なプラスチック削減・再利用の流れを受けて、2021年6月に成立していた法律です。私たちの日常生活に影響を与えるこの法律ですが、課題もあります。今回は「プラ新法の成果と課題」について、以下の観点から分析していきたいと思います。

  • プラスチック資源循環促進法の概要と要点

  • 生活や事業にどのような影響があるのか

  • プラ新法で見込まれる成果

  • プラ新法の課題

  • さらなるプラスチック削減に向けた提言

この記事は無料で続きを読めます

続きは、8802文字あります。
  • プラ削減に向けた提言
  • 世界70カ国以上、1200回以上の上映。17カ国語に翻訳され、短縮版が国連本部でプレミア上映された話題作。

すでに登録された方はこちらからログイン

こんな内容をニュースレターでお届けします。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
東京都と大阪府の食料配布は何が違うのか パル通信(80)
読者限定
COP27報道、食品ロスに触れない大手メディアの不見識 パル通信(79...
有料限定
政策提言の報告と皆さまから頂いたご意見 パル通信(78)
読者限定
なぜデンマークのスーパーはイタリアの梨を断ったのか パル通信(77)
有料限定
英・最新レポート「農産物を食品ロスに含めるべき」パル通信(76)
有料限定
【読者限定】11月4日まで、政府への要望お寄せください パル通信(75...
読者限定
広島・松山・上勝・高松のうまいもの パル通信(74)
有料限定
「食品ロス削減、できなければボーナス無し」のスーパーとは?パル通信(7...
有料限定