プラスチック新法、生活への影響は?その成果と課題 パル通信(40)

プラスチックごみの削減とリサイクルの促進を目的とした「プラスチック資源循環促進法(以下、プラ新法)が、2022年4月1日に施行されました。今回は、この法律の内容と今後の課題について分析します。
井出留美 2022.04.06
読者限定

プラスチック資源循環促進法(以下、プラ新法)が2022年4月1日に施行されました。世界的なプラスチック削減・再利用の流れを受けて、2021年6月に成立していた法律です。私たちの日常生活に影響を与えるこの法律ですが、課題もあります。今回は「プラ新法の成果と課題」について、以下の観点から分析していきたいと思います。

  • プラスチック資源循環促進法の概要と要点

  • 生活や事業にどのような影響があるのか

  • プラ新法で見込まれる成果

  • プラ新法の課題

  • さらなるプラスチック削減に向けた提言

この記事は無料で続きを読めます

続きは、8802文字あります。
  • プラ削減に向けた提言
  • 世界70カ国以上、1200回以上の上映。17カ国語に翻訳され、短縮版が国連本部でプレミア上映された話題作。

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
"食のアカデミー賞"受賞のマイケル・ポーランが警鐘を鳴らす「超加工食品...
誰でも
食品廃棄大国アメリカは生まれ変わるのか? ―米国シンクタンクReFED...
誰でも
2024年6月に最も読まれた記事 最新の食品ロス値、増えた?減った?
サポートメンバー限定
【速報】政府、最新の食品ロス推計値(2022年度)公表、食品ロスによる...
サポートメンバー限定
ビュッフェの提供者が食品ロスを減らす10の方法とは
サポートメンバー限定
バイデン政権が発表した食品ロス削減国家戦略とは 日米の食品ロス量比較
サポートメンバー限定
なぜ5週間で28%も食品ロスを減らせたのか 全米で最も革新的な大学が問...
サポートメンバー限定
台湾で売られている⾷品の期限表示について(現地レポート)