なぜデンマークのスーパーはイタリアの梨を断ったのか パル通信(77)

デンマークのあるスーパーが、イタリアの農家が生産した果物の購入を拒否しました。なぜでしょう。
井出留美 2022.11.11
有料限定

規格からはずれた農産物の扱いについて、日本で意見を耳にすることが少しずつ増えてきました。ある農家の方は「規格外を安く出してしまうと、規格内のものが正規の値段で売れなくなってしまう」と話します。そもそも「規格」とは、誰の、何のためのものなのでしょう。

  • 11月13日(日)9:30am-第二回オンライン交流会開催

  • なぜデンマークのスーパーはイタリアの梨を断ったのか

  • 4年間で農家に10億ドル以上の収益を創出した組織とは

  • イタリアの梨を引き取ってくれた人とは

  • 「食品ロス削減は、責任ある厨房のプロが日常的におこなうこと」

  • 農家が、自分たちの生産物を、誰がどこで食べているのかわからない現実

  • 考察

  • 今日の書籍

  • 今日の映画

  • 編集後記

この記事は有料読者限定です

続きは、7343文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
東京都と大阪府の食料配布は何が違うのか パル通信(80)
読者限定
COP27報道、食品ロスに触れない大手メディアの不見識 パル通信(79...
有料限定
政策提言の報告と皆さまから頂いたご意見 パル通信(78)
読者限定
英・最新レポート「農産物を食品ロスに含めるべき」パル通信(76)
有料限定
【読者限定】11月4日まで、政府への要望お寄せください パル通信(75...
読者限定
広島・松山・上勝・高松のうまいもの パル通信(74)
有料限定
「食品ロス削減、できなければボーナス無し」のスーパーとは?パル通信(7...
有料限定
ニューヨーク後編 ヤンマと旨いものと食品ロス情報 パル通信(72)
読者限定