形骸化するサステナビリティ、「SDGsウォッシュ」はなぜ起こるのか パル通信(43)

SDGs(持続可能な開発目標)の認知度は上がってきましたが、一方で、SDGsに関連して課題を指摘する人も増えています。
井出留美 2022.04.27
読者限定

2015年9月の国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標)。今では教科書にも掲載されており、SDGsの認知度調査では80%近くが知っているという結果が出ています。一方で、形だけ、パフォーマンスという指摘も出ています。今日はこの問題について考えてみます。

  • 認知度調査では80%、でも実態は・・・

  • 海外企業は「グリーン購入」がスタンダード

  • コンビニ大手の「SDGsウォッシュ」

  • 本当のサステナビリティとは何か

この記事は無料で続きを読めます

続きは、6841文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

こんな内容をニュースレターでお届けします。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
東京都と大阪府の食料配布は何が違うのか パル通信(80)
読者限定
COP27報道、食品ロスに触れない大手メディアの不見識 パル通信(79...
有料限定
政策提言の報告と皆さまから頂いたご意見 パル通信(78)
読者限定
なぜデンマークのスーパーはイタリアの梨を断ったのか パル通信(77)
有料限定
英・最新レポート「農産物を食品ロスに含めるべき」パル通信(76)
有料限定
【読者限定】11月4日まで、政府への要望お寄せください パル通信(75...
読者限定
広島・松山・上勝・高松のうまいもの パル通信(74)
有料限定
「食品ロス削減、できなければボーナス無し」のスーパーとは?パル通信(7...
有料限定