形骸化するサステナビリティ、「SDGsウォッシュ」はなぜ起こるのか パル通信(43)

SDGs(持続可能な開発目標)の認知度は上がってきましたが、一方で、SDGsに関連して課題を指摘する人も増えています。
井出留美 2022.04.27
読者限定

2015年9月の国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標)。今では教科書にも掲載されており、SDGsの認知度調査では80%近くが知っているという結果が出ています。一方で、形だけ、パフォーマンスという指摘も出ています。今日はこの問題について考えてみます。

  • 認知度調査では80%、でも実態は・・・

  • 海外企業は「グリーン購入」がスタンダード

  • コンビニ大手の「SDGsウォッシュ」

  • 本当のサステナビリティとは何か

この記事は無料で続きを読めます

続きは、6841文字あります。

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
「食品ロス1トン減らすと温室効果ガス何トン減らせるんですか?」食品企業...
誰でも
世界に誇れる、我が国のエコフィードに関する取組
サポートメンバー限定
食料危機に関する最新のグローバルレポート2024 なぜ深刻な食料不安に...
誰でも
2024年4月に最も読まれた記事 日本は食品ロスで何兆円捨てているのか...
サポートメンバー限定
なぜスーパーでは精米して1ヶ月のコメを捨てるのか パル通信(175)
サポートメンバー限定
日本企業2社含む世界12社を米シンクタンクがアップサイクル企業として紹...
サポートメンバー限定
欧州10のホテル、6ヶ月で22%食品ロス削減、その方法とは パル通信(...
サポートメンバー限定
日本は食品ロスで何兆円捨ててどれほど温室効果ガスを出しているのか パル...