発酵列車と甘酒づくり、第13回全国発酵食品サミット in 恵那市 パル通信(149)

パル通信149号では、岐阜県恵那市で開催された「第13回全国発酵食品サミットinえな」での「発酵列車」の企画と甘酒づくりに参加した内容をご報告します。
井出留美 2023.11.26
読者限定

こんにちは。パル通信にご登録いただき、いつも食品ロス削減の活動をサポートしていただき、ありがとうございます。

2023年11月25日から26日にかけて、岐阜県恵那市で「第13回全国発酵食品サミットinえな」が開催されています。「発酵」は、食品の保存期間を延ばし、食品ロス削減に役立ちます。また、生ごみは発酵させることで「ごみ」として燃やさず、資源として活用することができます。パル通信149号では、「発酵列車」と「甘酒づくり」の企画に参加した内容をご報告します。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、6728文字あります。

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
食品ロス削減における障害者雇用のさまざまな事例 パル通信(164)
サポートメンバー限定
米ビジネス誌発表、食品ロスの世界ランキング、日本は何位?パル通信(16...
サポートメンバー限定
恵方巻2024 全国107店舗売れ残り調査、結果は?パル通信(162)...
サポートメンバー限定
スーパーマーケットで売上120%、廃棄率1%を実現した方法とは パル通...
誰でも
2024年1月に最も読まれた記事 スーパー8社が食品ロスを17.4%減...
サポートメンバー限定
オランダ企業と日立製作所の子会社がスーパーの食品ロス削減に挑戦した理由...
サポートメンバー限定
2月から賞味期限切れ70%引き ノルウェー大手スーパーが始める理由とは...
サポートメンバー限定
なぜオランダのスーパー8社は食品ロスを17.4%減らすことができたのか...