広島・松山・上勝・高松のうまいもの パル通信(74)

広島、松山、上勝、高松へ、講演と取材で出張しました。その土地で入った飲食店などを紹介します。
井出留美 2022.10.24
有料限定

広島市、愛媛県松山市、徳島県上勝町、香川県高松市へ、講演と取材で出張しました。移動手段としてもいろいろ使いました。広島までは新幹線。広島から松山へは船。松山から上勝、高松へは、車。高松から帰ってくる際には寝台列車のサンライズ瀬戸に乗りました。その土地ごとに訪れた飲食店の中から、食に対して真摯に向き合っているお店や、番外編として穴場の場所などをご紹介します。

  • 愛媛県松山市

  • 広島市

  • 徳島県上勝町

  • 香川県高松市

  • 今日の書籍

  • 今日の映画

  • 編集後記

松山 とり泉

トップバッターでご紹介するのは松山市内の地鶏専門店、とり泉(せん)です。農と食のジャーナリスト、山本謙治さん、通称「やまけんさん」に紹介してもらいました。とり泉の公式サイトの文言に度肝を抜かれます。

私たちの提供しているのは「命」です。

食べるとは「命をいただく」ということ。

飲食店で「命」という言葉を使う店を、私は今までに見たことがありませんでした。大切なメッセージですが、そこまで食べもののことを真摯に考えている店は、残念ながら、あまりないように感じます。「おいしさ」は重視されても、その食べもののもとが「命」であることは、ほとんど語られることがありません。

一般的に「焼き鳥」は安いものと思われています。でも、「地鶏」は高い。なぜ、地鶏は値が張るのでしょう。その秘密は育て方にあります。とり泉では、地鶏まるごと一羽をお客さまに提供し、決して無駄にしないため、さまざまな工夫をこらしています。そんな様子を朝日新聞SDGsの記事に書きました。

***

次にご紹介するのが、自家焙煎の珈琲店です。

この記事は有料読者限定です

続きは、5578文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
東京都と大阪府の食料配布は何が違うのか パル通信(80)
読者限定
COP27報道、食品ロスに触れない大手メディアの不見識 パル通信(79...
有料限定
政策提言の報告と皆さまから頂いたご意見 パル通信(78)
読者限定
なぜデンマークのスーパーはイタリアの梨を断ったのか パル通信(77)
有料限定
英・最新レポート「農産物を食品ロスに含めるべき」パル通信(76)
有料限定
【読者限定】11月4日まで、政府への要望お寄せください パル通信(75...
読者限定
「食品ロス削減、できなければボーナス無し」のスーパーとは?パル通信(7...
有料限定
ニューヨーク後編 ヤンマと旨いものと食品ロス情報 パル通信(72)
読者限定