売れるなら何でもあり?セブンのマーケティング施策 パル通信(52)

「1個買えば1個無料」(BOGOF:Buy One Get One Free)を禁止した国があります。脂質や砂糖が多い食品は、多く摂れば肥満になるリスクが高まるからです。その事実を知っているはずなのに、なぜ日本では「1個買えば1個無料」キャンペーンを推し進めるのでしょうか。
井出留美 2022.06.27
サポートメンバー限定

先日、コカ・コーラの「#1本買うと2本目無料」キャンペーンを取り上げました。日本の大手企業でも同じ手法で売上を伸ばそうとしているところは少なくありません。セブン-イレブンの事例を取り上げながら、なぜ日本ではこうしたマーケティングが無批判に展開されているのかを考察します。

  • 2022年4月から脂質・糖分の多い食品のBOGOFを禁止した国

  • 日本でこのキャンペーンを実施した食品が「ごみ」として捨てられていた

  • 売れれば何でもいいのか?小売に「売っていただく」弱い立場のメーカー

  • エシカルキャンペーンを展開するコンビニの「エシカル」とは

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、4931文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
サポートメンバー限定
ビュッフェの提供者が食品ロスを減らす10の方法とは
サポートメンバー限定
バイデン政権が発表した食品ロス削減国家戦略とは 日米の食品ロス量比較
サポートメンバー限定
なぜ5週間で28%も食品ロスを減らせたのか 全米で最も革新的な大学が問...
サポートメンバー限定
台湾で売られている⾷品の期限表示について(現地レポート)
誰でも
2024年5月に最も読まれた記事 食品ロス1トン減らすと温室効果ガス何...
サポートメンバー限定
アップサイクル「リサイクルとどう違う?」日本や海外の9つの事例
サポートメンバー限定
「食品ロス1トン減らすと温室効果ガス何トン減らせるんですか?」食品企業...
誰でも
世界に誇れる、我が国のエコフィードに関する取組