カナダ人が「牛乳1リットル300円」を納得して買う理由 パル通信(42)

日本の消費者意識は、海外に比べて遅れをとっています。今回は、国際比較を通じて、日本の消費者意識の特徴と課題について考えます。
井出留美 2022.04.22
読者限定

みなさんは普段、いくらで牛乳を買っていますか。おそらく160円くらいではないでしょうか。私が買っているのは低温殺菌牛乳ですが、それでも200円台です。一方で、カナダの消費者は、1リットル300円で地元産の牛乳を買っていますが、価格に対して不満を持っていないそうです。もっと安い牛乳を手に入れようと思えば、アメリカ産を買うこともできるにはできるにもかかわらず、です。なぜ、カナダ人はあえて高い牛乳を買うのでしょうか。そこには、日本と先進諸外国における消費者意識の差があるようです。

  • 314名アンケート結果と日本の消費者意識

  • なぜカナダの消費者は1リットルの牛乳300円に不満を持たないのか

  • 日本と海外の消費者意識の違いはなぜ生まれるのか

  • どうすれば日本に健全な消費者意識が育つのか

***

この記事は無料で続きを読めます

続きは、6809文字あります。

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
欧州10のホテル、6ヶ月で22%食品ロス削減、その方法とは パル通信(...
サポートメンバー限定
日本は食品ロスで何兆円捨ててどれほど温室効果ガスを出しているのか パル...
サポートメンバー限定
国連UNEP発表 最新の食品廃棄物報告書2024 日本はどう評価されて...
誰でも
2024年3月の人気記事 食品ロスアンケート by長崎経済研究所 パル...
サポートメンバー限定
長崎経済研究所による食品ロスアンケートと知られざる長崎の魅力 パル通信...
誰でも
長崎県の食品ロス活用で食品産業もったいない大賞大臣賞受賞!/長崎のうま...
サポートメンバー限定
ミシュラン1つ星、予約のとれないカウンター8席の地鶏専門店に行ってきた...
サポートメンバー限定
「断熱」が日本を救う?「がまんしない省エネ」が経済にも環境にも効く理由...