リサイクルしても行き場のない生ごみが二酸化炭素と水に! パル通信(24)

生ごみは、その重さの80%以上が水分です。リサイクルして堆肥にする自治体もありますが、都心では、せっかくリサイクルして堆肥にしても、その使い道がないところもあります。そんな悩みの解決策になる技術が東京都渋谷区などで使われ始めたそうなので、ご紹介します。
井出留美 2021.12.05
読者限定

井出留美の「パル通信」では、社会にあふれる情報の中から選りすぐり、食品ロスや食関連のSDGs、サステイナビリティについて解説します。なお、本記事は無料でご購読いただけます。今後も定期的に配信を受け取りたい方は、ぜひ、購読登録をお願いいたします!

この記事は無料で続きを読めます

続きは、4046文字あります。
  • 編集後記

すでに登録された方はこちらからログイン

こんな内容をニュースレターでお届けします。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
ミサオおばあちゃんの笹餅 青森うまいもの パル通信(61)
有料限定
英スーパーマーケット初!カーボンニュートラルな卵を発売したのは?パル通...
有料限定
ミャンマーで拘束された日本人の解放を求め本日緊急行動 パル通信(59)...
誰でも
2022年7月に配信したトピックスと読者からのコメント パル通信(5...
読者限定
答えは南極にあった!観測隊に学ぶ「賞味期限との付き合い方」〜食品ロス削...
有料限定
消費者はどう行動すべきか?世界の食品ロス関連ニュース10選 パル通信(...
有料限定
「規格外野菜の安売りが農家を苦しめる」は本当か? パル通信(55)
有料限定
節電しながら食品の賞味期限を延ばすには パル通信(54)
有料限定