リサイクルしても行き場のない生ごみが二酸化炭素と水に! パル通信(24)

生ごみは、その重さの80%以上が水分です。リサイクルして堆肥にする自治体もありますが、都心では、せっかくリサイクルして堆肥にしても、その使い道がないところもあります。そんな悩みの解決策になる技術が東京都渋谷区などで使われ始めたそうなので、ご紹介します。
井出留美 2021.12.05
読者限定

井出留美の「パル通信」では、社会にあふれる情報の中から選りすぐり、食品ロスや食関連のSDGs、サステイナビリティについて解説します。なお、本記事は無料でご購読いただけます。今後も定期的に配信を受け取りたい方は、ぜひ、購読登録をお願いいたします!

この記事は無料で続きを読めます

続きは、4046文字あります。
  • 編集後記

すでに登録された方はこちらからログイン

こんな内容をニュースレターでお届けします。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
東京都と大阪府の食料配布は何が違うのか パル通信(80)
読者限定
COP27報道、食品ロスに触れない大手メディアの不見識 パル通信(79...
有料限定
政策提言の報告と皆さまから頂いたご意見 パル通信(78)
読者限定
なぜデンマークのスーパーはイタリアの梨を断ったのか パル通信(77)
有料限定
英・最新レポート「農産物を食品ロスに含めるべき」パル通信(76)
有料限定
【読者限定】11月4日まで、政府への要望お寄せください パル通信(75...
読者限定
広島・松山・上勝・高松のうまいもの パル通信(74)
有料限定
「食品ロス削減、できなければボーナス無し」のスーパーとは?パル通信(7...
有料限定