コンビニ1軒の食品廃棄は年間468万円!私たちのできる向き合い方 パル通信(9)

コンビニオーナーさんの取材からヒントを得て、コンビニの食品廃棄に関して我々消費者のできることを考えます。
井出留美 2021.10.04
読者限定

こんにちは。

コンビニは日本全国で55,000店舗以上あります。そのコンビニが、1店舗あたり年間468万円分の食品を捨てているという結果が、公正取引委員会から発表されました。

「コンビニエンスストア」といえば、その名の通り「便利な店」。でも、その「便利」の裏側にあるものは、案外、知られていないと感じます。

かくいう私も食品メーカーに14年5ヶ月勤めていたのに、知りませんでした。先日、書籍『ドローダウン』のワークショップに参加し、コンビニのことについてもお話ししたところ、やはり、みなさん、ご存知ではありませんでした。そこで今回は、コンビニの裏事情の一部についてお伝えしたいと思います。

***

井出留美の「パル通信」では、社会にあふれる情報の中から選りすぐり、食品ロスや食関連のSDGs、サステイナビリティについて解説します。なお、本記事は無料でご購読いただけます。今後も定期的に配信を受け取りたい方は、ぜひ、購読登録をお願いいたします!

この記事は無料で続きを読めます

続きは、5976文字あります。
  • なぜコンビニは食品を廃棄するほど儲かるのか?コンビニが値引きをしない理由
  • コンビニ会計の仕組みとは?
  • 消費者としてどうすればいいのか?
  • セイコーマートの人間味あふれる取り組み
  • 今日の書籍
  • 『9割の社会問題はビジネスで解決できる』
  • 今日の映画
  • 編集後記

すでに登録された方はこちらからログイン

こんな内容をニュースレターでお届けします。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
東京都と大阪府の食料配布は何が違うのか パル通信(80)
読者限定
COP27報道、食品ロスに触れない大手メディアの不見識 パル通信(79...
有料限定
政策提言の報告と皆さまから頂いたご意見 パル通信(78)
読者限定
なぜデンマークのスーパーはイタリアの梨を断ったのか パル通信(77)
有料限定
英・最新レポート「農産物を食品ロスに含めるべき」パル通信(76)
有料限定
【読者限定】11月4日まで、政府への要望お寄せください パル通信(75...
読者限定
広島・松山・上勝・高松のうまいもの パル通信(74)
有料限定
「食品ロス削減、できなければボーナス無し」のスーパーとは?パル通信(7...
有料限定