五輪弁当廃棄はなぜ全容が明らかにされないのか パル通信(2)

2021年7月24日、TBS「報道特集」がスクープした、東京2020大会の弁当廃棄。当初4,000食処分と言っていましたが、8月7日の番組では20会場1ヶ月分で130,000食が廃棄されたことを内部告発によって突き止め、8月27日組織委員会はそれを認めました。五輪会場は42会場ありますから、これでも全てではありません。なぜ全容が明らかにされないのでしょうか。
井出留美 2021.09.09
読者限定

井出留美の「パル通信」では、社会にあふれる情報の中から選りすぐり、食品ロスや食関連のSDGs、サステナビリティについて解説します。なお、本記事は無料でご購読いただけます。今後も定期的に配信を受け取りたい方は、ぜひ、購読登録をお願いいたします!

***

この記事は無料で続きを読めます

続きは、4019文字あります。
  • 今日の翻訳記事
  • 今日の書籍
  • 今日の映画
  • 五輪弁当廃棄はなぜ全容が明らかにされないのか
  • 今日のパル通信
  • 編集後記

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
"食のアカデミー賞"受賞のマイケル・ポーランが警鐘を鳴らす「超加工食品...
誰でも
食品廃棄大国アメリカは生まれ変わるのか? ―米国シンクタンクReFED...
誰でも
2024年6月に最も読まれた記事 最新の食品ロス値、増えた?減った?
サポートメンバー限定
【速報】政府、最新の食品ロス推計値(2022年度)公表、食品ロスによる...
サポートメンバー限定
ビュッフェの提供者が食品ロスを減らす10の方法とは
サポートメンバー限定
バイデン政権が発表した食品ロス削減国家戦略とは 日米の食品ロス量比較
サポートメンバー限定
なぜ5週間で28%も食品ロスを減らせたのか 全米で最も革新的な大学が問...
サポートメンバー限定
台湾で売られている⾷品の期限表示について(現地レポート)