野菜と魚、表に出ない膨大な食品ロス パル通信(38)

日本では、年間570万トンの食品ロスが発生していると推計されています。ただ、ここには含まれていないロスもありますので、実際には、さらに多く発生していると見込まれます。
井出留美 2022.03.16
読者限定

食料自給率が37%(カロリーベース)の日本。日本は、農林水産省と環境省が、毎年、食品ロスの推計値を公表しています。ただ、この数字には含まれていない食品ロスも発生しています。今回は、このことについてお話しします。

パル通信は、食を中心に、サステイナブルについての問題提起と具体的な事例紹介を交え、週に1本のペースでお届けしますので、ご興味ある方は、ぜひご登録お待ちしております!

生産現場で生じる隠れた食品ロス

少し古いデータですが、平成27年度の食用仕向量8,291万トンのうち、食品ロスは646万トン。要するに、日本人は、全食料のうちの7.8%程度を捨てているという計算になります。

最新の食品ロス量は、年間570万トン(2021年11月30日、農林水産省・環境省 発表)。これは、東京都民が一年間に食べる量に匹敵します(東京都環境局による)。

ただ、ここには大きく2つの廃棄がカウントされていません。一つは農場で捨てられる生産調整や余剰農産物など。農林水産省のデータによれば、野菜41品目の収穫量と出荷量の差は、年間200万トン近くあります。つまり、それだけの量が畑で捨てられていることになります。

同じく一次生産の魚では、港で捨てられる未利用魚は、年間100万トン近くあります。これも含まれていません。

ちなみに世界規模で見ると、WWF(世界自然保護基金)の発表によれば、25億トンの食料が廃棄されているとのこと。そのうち、農場での食品ロスが12億トン発生しています。

もう一つは、備蓄食品の入れ替え時に捨てられる食品です。これも、年間の食品ロスの推計値には含まれていません。総務省の調査結果によれば、国の行政機関では、備蓄食品の入れ替え時、42%の機関では全部廃棄しています。毎日新聞の調査でも、5年間で17自治体が176万食の備蓄食品を廃棄していることがわかっています。購入と廃棄にかかった経費は、少なくとも3億円にのぼると推計されています。これも、食品ロスにはカウントされていないのです。

一次生産のロスと、備蓄食品の入れ替え時のロスは、相当量あります。これらがカウントされていない以上、年間570万トンという推計値は、あくまで見かけ上のものだと私は考えています。

このあとは、野菜の収穫量と出荷量の差が、なぜ年間200万トン近くも出てしまうのか?という原因についてご説明します。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、5866文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

こんな内容をニュースレターでお届けします。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
東京都と大阪府の食料配布は何が違うのか パル通信(80)
読者限定
COP27報道、食品ロスに触れない大手メディアの不見識 パル通信(79...
有料限定
政策提言の報告と皆さまから頂いたご意見 パル通信(78)
読者限定
なぜデンマークのスーパーはイタリアの梨を断ったのか パル通信(77)
有料限定
英・最新レポート「農産物を食品ロスに含めるべき」パル通信(76)
有料限定
【読者限定】11月4日まで、政府への要望お寄せください パル通信(75...
読者限定
広島・松山・上勝・高松のうまいもの パル通信(74)
有料限定
「食品ロス削減、できなければボーナス無し」のスーパーとは?パル通信(7...
有料限定