「買い過ぎた」食品、捨てずに活かす、米国で普及している方法とは?パル通信(28)

2021年11月30日、農林水産省と環境省は、2019年度の国内の食品ロスの推計値を発表しました。年間570万トン。このうち、家庭からの食品ロスが46%と半分近くを占めています。買い物で、つい買い過ぎることはありますね。家庭で余っているこの食品を、捨てないで生かす方法が米国で普及しているといいます。どのような方法でしょうか。
井出留美 2021.12.28
読者限定
  • 家庭で余っている食品を活かすフードドライブとは?

  • フードドライブの海外事例

  • 国内のフードドライブの現状

  • 食料支援の課題「マッチング」とは?

  • 今日からできること

井出留美の「パル通信」では、社会にあふれる情報の中から選りすぐり、食品ロスや食関連のSDGs、サステイナビリティについて解説します。なお、本記事は無料でご購読いただけます。今後も定期的に配信を受け取りたい方は、ぜひ、購読登録をお願いいたします!

この記事は無料で続きを読めます

続きは、7364文字あります。

すでに登録された方はこちらからログイン

こんな内容をニュースレターでお届けします。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
東京都と大阪府の食料配布は何が違うのか パル通信(80)
読者限定
COP27報道、食品ロスに触れない大手メディアの不見識 パル通信(79...
有料限定
政策提言の報告と皆さまから頂いたご意見 パル通信(78)
読者限定
なぜデンマークのスーパーはイタリアの梨を断ったのか パル通信(77)
有料限定
英・最新レポート「農産物を食品ロスに含めるべき」パル通信(76)
有料限定
【読者限定】11月4日まで、政府への要望お寄せください パル通信(75...
読者限定
広島・松山・上勝・高松のうまいもの パル通信(74)
有料限定
「食品ロス削減、できなければボーナス無し」のスーパーとは?パル通信(7...
有料限定