「買い過ぎた」食品、捨てずに活かす、米国で普及している方法とは?パル通信(28)

2021年11月30日、農林水産省と環境省は、2019年度の国内の食品ロスの推計値を発表しました。年間570万トン。このうち、家庭からの食品ロスが46%と半分近くを占めています。買い物で、つい買い過ぎることはありますね。家庭で余っているこの食品を、捨てないで生かす方法が米国で普及しているといいます。どのような方法でしょうか。
井出留美 2021.12.28
読者限定
  • 家庭で余っている食品を活かすフードドライブとは?

  • フードドライブの海外事例

  • 国内のフードドライブの現状

  • 食料支援の課題「マッチング」とは?

  • 今日からできること

井出留美の「パル通信」では、社会にあふれる情報の中から選りすぐり、食品ロスや食関連のSDGs、サステイナビリティについて解説します。なお、本記事は無料でご購読いただけます。今後も定期的に配信を受け取りたい方は、ぜひ、購読登録をお願いいたします!

この記事は無料で続きを読めます

続きは、7364文字あります。

すでに登録された方はこちら

サポートメンバー限定
"食のアカデミー賞"受賞のマイケル・ポーランが警鐘を鳴らす「超加工食品...
誰でも
食品廃棄大国アメリカは生まれ変わるのか? ―米国シンクタンクReFED...
誰でも
2024年6月に最も読まれた記事 最新の食品ロス値、増えた?減った?
サポートメンバー限定
【速報】政府、最新の食品ロス推計値(2022年度)公表、食品ロスによる...
サポートメンバー限定
ビュッフェの提供者が食品ロスを減らす10の方法とは
サポートメンバー限定
バイデン政権が発表した食品ロス削減国家戦略とは 日米の食品ロス量比較
サポートメンバー限定
なぜ5週間で28%も食品ロスを減らせたのか 全米で最も革新的な大学が問...
サポートメンバー限定
台湾で売られている⾷品の期限表示について(現地レポート)