2月から賞味期限切れ70%引き ノルウェー大手スーパーが始める理由とは パル通信(158)

パル通信158号では、大手スーパーが賞味期限切れ食品を売り出したノルウェーの対策について解説します。
井出留美 2024.01.19
サポートメンバー限定

こんにちは。パル通信にご登録いただき、食品ロスや食に関する活動を支援いただいてありがとうございます。

パル通信158号では、大手スーパーが、2024年2月1日より、賞味期限の切れた食品を最大70%引きで売り出すというノルウェーの取り組みについて解説します。賞味期限切れに特化したスーパーは、デンマークのコペンハーゲンで始まりました。日本でも、賞味期限が過ぎたものの販売は「マルヤス」さんはじめ広がっていますが、全国で展開する大手スーパーが賞味期限の過ぎたものを売るのは世界的にも珍しい取り組みではないでしょうか。その背景には何があるのでしょうか。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、5221文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
サポートメンバー限定
食品ロス削減における障害者雇用のさまざまな事例 パル通信(164)
サポートメンバー限定
米ビジネス誌発表、食品ロスの世界ランキング、日本は何位?パル通信(16...
サポートメンバー限定
恵方巻2024 全国107店舗売れ残り調査、結果は?パル通信(162)...
サポートメンバー限定
スーパーマーケットで売上120%、廃棄率1%を実現した方法とは パル通...
誰でも
2024年1月に最も読まれた記事 スーパー8社が食品ロスを17.4%減...
サポートメンバー限定
オランダ企業と日立製作所の子会社がスーパーの食品ロス削減に挑戦した理由...
サポートメンバー限定
なぜオランダのスーパー8社は食品ロスを17.4%減らすことができたのか...
サポートメンバー限定
南米パラグアイの学齢期の児童を対象とした持続可能な栄養改善に向けて パ...