ニューヨークに登場した生ごみ専用「スマートコンポスト」を使ってみた!パル通信(87)

ニューヨーク在住ジャーナリスト、黒部エリさんによる、現地からのレポートをご紹介します。
井出留美 2023.01.21
サポートメンバー限定

今回のパル通信は、ニューヨーク在住ジャーナリスト、黒部エリさんによる、現地からのレポートをご紹介します。ニューヨークで始まっている、生ごみ専用の「スマートコンポスト」、略して「スマコン」についての内容です。現地の写真が盛りだくさんです。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、10010文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

・食品ロスの正しい知識がつく
・サステナビリティ情報も配信中
・過去の記事も読み放題
・毎週届き、いつでも配信停止可能
・読みやすいデザイン
サポートメンバー限定
"食のアカデミー賞"受賞のマイケル・ポーランが警鐘を鳴らす「超加工食品...
誰でも
食品廃棄大国アメリカは生まれ変わるのか? ―米国シンクタンクReFED...
誰でも
2024年6月に最も読まれた記事 最新の食品ロス値、増えた?減った?
サポートメンバー限定
【速報】政府、最新の食品ロス推計値(2022年度)公表、食品ロスによる...
サポートメンバー限定
ビュッフェの提供者が食品ロスを減らす10の方法とは
サポートメンバー限定
バイデン政権が発表した食品ロス削減国家戦略とは 日米の食品ロス量比較
サポートメンバー限定
なぜ5週間で28%も食品ロスを減らせたのか 全米で最も革新的な大学が問...
サポートメンバー限定
台湾で売られている⾷品の期限表示について(現地レポート)